神奈川県の少年野球を応援するコミュニティポータル - ポップアスリート

少年野球のコミュニティポータルサイト ポップアスリート

ポップ係長のチーム訪問体験レポート

読売KODOMO新聞

大会情報

第13回 神戸一の谷ライオンズクラブ旗マック杯争奪少年野球大会

大会規約

  • この大会は当該年度の「公認野球規則」及び神戸市少年団野球リーグのルール及び各少年団野球リーグ地区委員会規則、各少年野球連盟規則、並びに下記細則により試合を行う。
    試合は6回戦とし、80分を過ぎて新しいイニングに入らない。
    試合は得点差によるコールドゲームを採用する。6年生は4回以上7点差、5年生は10点差、4回を過ぎれば試合成立とする。
    時間内であれば、延長を認める。時間が経過して同点の場合は抽選により勝敗を決する。決勝戦は6年生は6回を優先する。5年生は時間を優先する。決勝戦は時間を過ぎても同点の場合は「無死満塁ルール」を適用する。決着がつくまで行なう。
  • 選手の集合は試合開始予定時間30分前とする。ベンチは若い番号が1塁側とする。
    ただし、本部の指示が優先する。試合中にベンチに入れる指導者は5人を限度とする。
    30分前に本部にメンバー表を提出し、先攻後攻のトスを行なう。
    投球練習は、初回及び交替時は5球、その他は3球とする。 シートノックは4分間とする。
    ボークは、6年生は1回目からとする。5年生は一人につき1回目は注意とする。
    監督には抗議権はない。ただしプレーの確認はできます。
    ホームランラインは原則として65メートル以上とする。会場によっては本部の指示に従うこと。
  • 審判は相互審判を原則とします。服装はそれぞれの地区委員会・連盟の審判服を着用してください。
  • 大会会場には、責任者を必ず配置をすること。
  • 雨天中止の決定は、午前7時30分に行なう。各チームは大会本部に確認をすること。グランドで起こった負傷については、大会会場の責任者が応急処置は行なうが、それ以外の責任は一切負わない。事故など無いようにチームで充分注意を払うこと。
  • 試合球は出来る限り本部で用意するが、本部の指示で試合チームから試合球の提供を求める事があるので用意をすること。

ポータルトップへ