少年野球 - 多摩川フレンズ

ニュース

ポータルニュース
2020年9月25日
公式Blog(09/25)vol.1621『クーポン券使いま・・・
詳しく見る

34件のうち20件を表示しています。

[ 前のページへ | 次のページへ ]

2020.09.21   
9月21日「日刊スポーツ」に多摩フレ紹介記事が掲載されます
先日(8月30日)のJcom旗争奪多摩区少年野球大会vs.南町ブルーシャークスさんとの対戦の際に、取材を受けました記事(チーム紹介など)が9月21日「日刊スポーツ」に掲載されます。これは、コロナ禍により本年中止となった宮本慎也杯にエントリーしていた各チームを紹介する企画で、当日は試合の様子をカメラマンが撮影し、試合後には荒砂監督とキャプテン律がインタビューを受け、コメントをしていました。どのような記事になっているのか楽しみです。ぜひご覧ください!
2020.09.20   
あじさいリーグ 決勝トーナメント進出決定!
あじさいリーグLブロックの最終戦 vs.神木マーキュリーズさんに勝利し、見事決勝トーナメント進出を決めました。今日は午前中の練習から、6年生を中心に良く声が出て、天候が危ぶまれる中、試合をやりたいという気持ちが伝わってきました。そして試合に入ると初回の守備、先頭打者のキャッチャーフライをまたもや涼太がスーパーキャッチ。あのプレーが先発の優海やチームに勢いを付けてくれました。初回からストライク先行、何より投球のリズムが良かったので、野手のプレーにも安定感をもたらし、わずか14球で2回を6人、3回2アウトまでは完璧な投球でした。チームが得点後の4回、四球でランナーを出してからの投球、結局この回5つの四死球、4失点が大きな反省点です。継投の弘太郎、大地はいずれも0封、良く投げました。守備面では、サード飛馬とセカンド匠が練習通りのプレーでゴロをきっちりアウトにしてくれました。センター大地の足を活かした広範囲の守備も見られました。攻撃面では、初回、3回、6回と(相手のミスもありましたが)連打で得点を重ねられたのは各人の成長が感じられ、チームの自信に繋がりました。大地・律・優海・弘太郎・飛馬の6年生全員安打は今年初でした。中でも4番飛馬の3安打は大きな収穫です。そして悠翔のレフト前クリーンヒットも印象的でした。敢えて反省点を挙げると、塁上での監督のサインを見るタイミング、サイン見逃し、アウトやカウントの把握不足からくる走塁ミス、これから先の戦いは1つのミスが勝敗を分けます。そして0点に抑えられた回にしぶとく1点でも取れる、いい意味での「いやらしい野球」を学ぶこと、しっかりと反省し、次に活かしましょう。今日は、サードコーチャーの明寅、ファーストコーチャーの星南ともに良く声が出て、ゲームに集中し、戦力になっている光景が嬉しかったです。バットボーイとボールボーイをしてくれた隼、幸緒子、龍次、きびきびとしっかり裏方をやってくれていました。ありがとう。また、連盟の試合もある中、駆け付けて頂いた公認審判の築島さん、西澤さん、本当に感謝です。ありがとうございました。これからは、トーナメントなので、負ければ終わりの戦いが続きますが、勝っても負けても自分たちの力を出し切り、悔いのない、何より「気持ちのこもった」、元気と笑顔の多摩フレ野球をこの目に焼き付けていきたいと思います。
2020.09.19   
読売新聞旗争奪多摩区少年野球大会1回戦敗退。。。
多摩少連の今年最後の大会、トーナメント戦1回戦vs.中野島あけぼのさんとの対戦、敗退。試合に「たら・れば」は付き物ですが、まずは初回の守備、というより試合への入り方、集中力や気持ちが相手より勝っていたでしょうか。まずはアウト1個を確実に取っていれば試合展開は変わっていたはず。精一杯やってのエラーはしょうがない(練習するしかない)ですが、消極的なプレーやイージーミスは日頃の練習に対する取組み方がそのまま出てしまっている気がします。今日もフライに対して選手同士が交錯やお見合いする場面が3つありました。本人たち同士の声が出ていれば、周りの声が出ていれば。相手の投手が制球に苦しみ、監督から待てのサインが出ているのに初球を凡打し、逆に相手投手を助けていなければ。先頭打者でせっかく四球をもぎ取り塁に出て、さあランナーをためて逆転だという矢先に牽制アウトになっていなければ。今日の相手チームは6年4人、5年3人、4年8人のチームで、多摩フレと編成は似ていましたが、どの打者もしっかりと自分のスイングをしていました。攻撃ではしっかり上からボールをたたき、貪欲に次の塁、得点を、守備では1つのアウトに対する執着心を感じました。8点差での敗退ですが、こちらのエラーやミスがなければ、選んだ10四球を活かすことができれば接戦だったはず。悔しいです。今日は攻撃ではレフト線2塁打の大地、レフト前クリーンヒットの律、四球を選んだ打者もヒットと同じ価値があります。守備ではライトゴロにした大翔、アピールプレーの涼太が印象的でした。アピールプレーはホームだけでなく、各塁で走者がベースに触れたかを確認してから次のプレーに移ることが大事です。今日は涼太が基本に忠実に1失点を防ぎ、1アウトを取りました。難しいプレーは望んでいません。練習でやるキャッチボール、ランナーに出たらボールから目を離さない、フライは自分が捕るアピールをして取りに行く、ボールがある方向により野手9人全てに役割があります。練習でやっていないこと、できないことは試合ではできません。相手ではなく、自分たちの野球をもう一度見つめ直してみましょう。6年生は残り5試合、下級生もこの6年生と一緒にプレーできる時間は残り少なくなってきました。明日は、あじさいリーグの最終戦、切換えて多摩フレらしい野球を期待しています。君たちならきっとできる!
2020.09.13   
若獅子旗大会(4年生以下)vs.登戸ユニオンズさん
4年生以下で戦う若獅子旗大会の準々決勝、登戸ユニオンズさんに4回コールド負け。60分間を楽しみましたか?序盤は声が出ていましたが、ヒットや得点を重ねられ、エラーが絡むと切換えが出来ないまま最後まで流れを掴めずでした。失点をした場面や、エラーをした本人、その周りのメンバー、ベンチの控えメンバーから、仲間を信頼し、安心させ、勇気づける「意味のある声出し・声掛け」が自然と出てくるようなチームを目指しましょう。試合には流れがあります。その流れを自分たちの手で引き寄せるのか、相手に渡してしまうのか。引き寄せるにはどんな方法があるのか、決して難しいプレー、ファインプレーだけではないはずです。もちろんベンチワークも大事ですが、戦っている君たち自身がその流れをよみ、引き寄せることが出来るはずです。今日は攻撃面では涼太の走塁、匠のチーム唯一のヒットが、守備面ではまたも涼太のキャッチャーフライ、そして地味ですが、センター幸緒子のカバーリングも印象的でした。先発の匠、継投の隼、合わせて四球は4個のみ(今は合格点)、三振も取れていましたが、打ち取った打球をバックが確実にアウトに出来なかったのはチームとしての反省点であり、今後の課題です。投打において相手のバッテリーにやられた感がありますが、彼らも同じ4年生、君たちがこれからの1年半、どんな意識で練習に取り組み、一戦一戦の試合の中で何を学んでいくかで、最上級生になった時、彼らと互角に戦える多摩フレになっているかが決まります。これだけメンバーの揃った学年は数年に一度あるかないかです。君たちには期待と希望しかありません。ガンバレ、多摩フレの若獅子たち!
2020.09.05   
若獅子旗大会(4年生以下)vs.寺尾台イーグルスさん
4年生以下で戦う若獅子旗大会の初戦、逆転勝ち!初回の攻撃、切込み隊長の涼太が出塁、期待通りの走塁でかき回し先取点。先発の匠は初回、制球に苦しみました。ノーヒットでの2失点は悔やまれます。2回から継投の隼は3回をノーヒットに抑える快投で今季初勝利。攻撃面ではヒットを放った涼太、匠、明寅が印象的でした。守備面では、3回裏ランナー3塁からのショートゴロを匠がバックホームでアウトにした場面と、4回裏涼太がキャッチャーフライを見事に掴んだ場面が印象的でした。Aチームでもレギュラーで出ている両名の試合勘や経験が好プレーを生みました。涼太のガッツあるプレーはチームに勇気を与えます。平年なら4年生以下はBチームで、5年生からAチームに上がりますが、今年はチーム事情で4年生もAチームとして活動しています。4年生からAチームの練習、試合に参加出来ることは、とても良い経験になっていると思います。4年生の今は、まずは「野球を楽しむ」こと、エラーを恐れず思い切ったプレーをすること、エラーをした後に何をするかを考えること、上手い人のプレーを見て学ぶこと、真似ること、その積み重ねと、支えてくださっている多くの方々への感謝の気持ちを持つこと、チームメイトを思いやることです。その先に、2年後、君たちが6年生になった時には、チームワークの良い、常勝軍団の多摩フレがあると確信しています。次戦は登戸ユニオンズさんとの対戦、勝敗ももちろん大事ですが、多摩フレらしく、元気よく、笑顔で、60分間を楽しみましょう! 今日も公認審判の西澤さん、厳しいスケジュールの中、ご対応ありがとうございました。
2020.08.30   
Jcom旗争奪多摩区少年野球大会 vs.南町ブルーシャークスさん
1-5惜敗。先発予定だった弘太郎が前夜からの発熱で、まさかの欠場。投打の中心だけに試合前からショック大。しかし、弘太郎が一番悔しい思いをしていることは明白で、その思いを胸に残りの6年生4人を中心に全員で強豪のブルーシャークスさんに臨みました。急遽先発の優海は、まずまずの滑り出しで、初回を1失点で乗り越え、リズムを作ってくれました。こちらの淡白な攻撃に対し、シングルヒットで出塁し、2盗、3盗、そしてパスボールやスクイズで、確実に点を積み重ねていく野球に対し、最後までチャンスを作ることが出来ませんでした。
唯一4回に律、飛馬の連打で1点を取りましたが、ヒットエンドランのサインに飛馬が高めの球をセンターオーバー、稲田球場のネット直撃(あと1mでオーバーフェンス、惜しかった)2塁打、監督のサインが功を奏した場面でした。あのサインが出ていなかったら、普通に見逃しか、凡打もあり得たかも知れませんが、あのサインで飛馬も集中し、ボールに食らいついていった結果です。今日の結果は4点差ですが、もっとシーソーゲームにも、あわよくば、弘太郎不在での勝利さえ掴むことが出来た試合でした。
回や点差、アウトやカウントにより、ここでは監督からこんなサインが出るんじゃないか、自ら考え、その上で監督のサインを確認する。少なくとも6年生にはそのレベルに早く達して欲しいです。来た球を打つだけの野球から、考える野球。接戦ほど1つのサイン見逃し、サインミスが勝敗を分けます。失敗は誰でもありますが、それを反省し、次に活かすかどうかで成長のカーブは変わってくると思います。繰り返しになりますが、人から教わることには限界があります。人のプレーを見て学ぶこと、それは試合に出ていなくても出来ること。4年生でも試合に出ている子がいます。同じ4年生でもスタメンで出られない子がいます。その差は何なのか、自分の強み、弱みは何なのかを知り、日頃の練習に取り組めば、選手層はもっともっと厚くなり、今の4年生が最上級生となる2年後には最強の多摩フレとなっているはずです。今日の負けを活かしましょう。弘太郎不在の中、ブルーシャークスさんと良いゲームが出来たのですから。自信を持って、切り換えて、6年生は残り4か月弱、悔いのない多摩フレ野球を!
2020.08.23   
3連勝! あじさいリーグ vs.野川台フォルコンズさん
3連勝! 今日は21得点よりも0封の投手陣(弘太郎・律)に尽きる。素晴らしかった。打撃面では涼太、飛馬が印象的でした。メンバーで唯一出場できなかった子が涙を流していた。この悔しさを忘れないよう、スタメンで出られるよう練習から取り組んで欲しいと思う一方で、ダイヤモンドの中でプレーする9人だけが試合をしている訳ではなく、ランナーコーチャーも10人目、11人目の重要なメンバーであること、ベンチ内の控え選手も含め18人全員で戦っている、そんなチームでありたいです。練習や試合で人のプレーを見て学ぶこと、試合での反省を次に活かすこと。ボールボーイの隼と龍次、ありがとう。そして、公認審判の築島さん、工藤さん、ありがとうございました。次戦はJcom旗1回戦、多摩フレFIGHT!
2020.08.16   
連勝!あじさいリーグvs.下小田中第一武蔵野球部さんから金星
1週間前にPOPアスリートカップ1回戦で対戦し、4回コールド1-11で敗戦した下小田中第一武蔵野球部さんとの再戦でした。初回攻撃は3者凡退に終わるが、先発の弘太郎がコントロール良く落ち着いた滑り出しをしてくれました。初回にホームランを打たれましたが、3点に抑えてくれたことが、2回の攻撃に繋がりました。3回にも宮村君に今日2本目のホームランを浴びましたが、試合を通して大きなエラーもなく、何より四球が少なく、守備においてリズムが感じられ、皆で集中して良く守りました。中でもセカンド凜太朗の成長は大きな収穫でした。攻撃面では、選球眼良く四球を選び、走者をため、うまく繋いで得点を重ねることができました。継投の律も緊張した場面で、キャプテンらしく堂々としたピッチングで最少失点に抑え、締め括ってくれました。10日に続く連勝で今季2勝目!強豪チームからの金星は大きな自信になりました。
2020.08.10   
今シーズン初勝利! あじさいリーグ vs.堰子ども会野球部さん
今シーズン、初勝利!
試合序盤は、エラーやミスが続出しましたが、0-7から追いつき、最後に何とかひっくり返せたのは、自信になったのではないでしょうか。最後まであきらめない気持ち、1球1球、1プレーに集中すること、そして気持ちのこもったプレー、日頃の努力や練習に臨む姿勢、意識を変えていけば、必ず結果はついてくる!
今日は、攻撃面では、センター前ヒットの飛馬、三遊間タイムリーヒットの匠、レフト前ヒットの大地、満塁から走者一掃3塁打の律、最後サヨナラ打の優海が、守備面では、セカンド凜太朗の2つのアウトが印象的でした。この週末3連戦、暑い中、審判をして頂いた公認審判の工藤さん、西澤さん、築島さんに感謝です。そして、バットボーイとボールボーイを一生懸命やってくれた晃太郎と幸緒子、ありがとう。
2020.08.09   
あじさいリーグ vs.久地第三レッズさん
今日も反省の方が多い試合でした。
そんな中、守備ではレフトの匠が、ショート後方のフライを前進しスライディングキャッチ!打者が打った瞬間から自分が捕るつもりでのダッシュがあったからこそのプレー。ショートとぶつかりそうでしたが、そこはお互いや周りの声掛けがもう少し必要でした。打撃面では、唯一、4番の弘太郎の第一打席、左中間寄りセンターオーバーの2塁打が会心の当たりでした。草むらに入らなかったらランニングホームランでした!
課題は、投手のコントロール、個々人の守備力UP、声出し連携、野球をもっと知ること、他人のプレーを見て覚えること、反省を活かすこと。
そして何より、もっと元気よく野球を楽しむこと!
明日もあじさいリーグの試合が予定されています。
3連戦の最終日、自分たちの出来ることを確実にやって、初勝利を目指しましょう。
2020.08.08   
POPアスリートカップ1回戦、敗退。
下小田中第一武蔵野球部さんとの対戦。
規定により4回コールド負け...
今日は、投手のコントロールはまずまずでしたが、守備での課題が多く見受けられました。内野陣は、イージーゴロを捕球後の送球ミスや内野フライの声出し不足など、確実にアウトにしなければならない場面でのミスが致命的で、投手の足を引っ張ってしまいました。外野陣は、経験不足もありますが、もっと気持ちを全面に出したガッツのあるプレーをして欲しいです。絶対に後ろに逸らさない気持ち、何が何でも捕るつもりで打球を追う姿勢が相手チームとの差のように感じられました。
攻撃面では、二廻り目から当たりが出て、何とか一矢を報いることができましたが、走塁ミスも見受けられました。ランエンドヒットのサインで、一塁走者は打者の打つ瞬間を見ておらず、内野フライで帰塁出来ずダブルプレー。アウトカウントと、次の場面の想定不足が原因です。バッターは転がすこと、ランナーは打球を見て判断すること、同じミスを繰り返さぬよう、しっかり反省し、次に活かしましょう。
2020.07.06   
野球ができる喜びを胸に。会長杯兼ジャビットカップ1回戦
コロナ禍による長期自粛が明け、いよいよ活動再開。限定的な練習しか出来ない中での、久しぶりの公式戦でした。多くの課題が見えました。投手のコントロール、守備等々。打撃での3本のヒット(弘太郎・大地・涼太)は見事でした。これから短いシーズンですが、チーム全体のレベルアップのため、元気を出して練習していきましょう(キャッチボールから意識して)。多摩フレFIGHT!
2020.03.14   
2020年 会長杯 1回戦
2020年2月24日、新チームでの公式戦初戦は、会長杯争奪チャリティベースボール大会の1回戦、三田サンライズさんとの対戦でした。序盤から失点を重ねましたが、中盤以降は、少しずつ落ち着きを取り戻しました。新チームの課題が沢山見えた敗戦でした。リーグ戦も始まりますので、初勝利目指して頑張りましょう!
2013.05.19   
ジャビット杯2回戦勝利
5/12(日)の「星が丘キッズ」との初戦に勝利し、本日(5/19)、「東生田ブラックス」との二回戦がありました。

結果は勝利!!。

次は現在多摩フレとリーグ戦同率で4位の「寺尾台イーグルス」との戦いです。

もちろん勝って、準決勝に行きましょう!!
2013.05.19   
井端杯1回戦勝利
5/11(土)に上平間Aグランドにて井端杯1回戦が行われました。

朝から雨が降ったり・止んだりと開催が怪しまれた中での試合となりました。

結果は6対5で見事勝利!!

次の相手は「日進町少年野球チーム」です(日程は6月で調整中)。
熱いチームとのうわさですが、負けじと熱くいきましょう!!
2013.05.03   
稲小運動会!騎馬戦大将決定☆
明日早くからスイマセン。。。子どもが遠足前日に寝れないといったことがあるじゃないですか!?HGコーチはフレンズで楽しいことがあると朝早起きしてしまうので・・・今日も4時起きでした(+_+)
さて、HGコーチの話は置いておいて、今月18日に行われます運動会でフレンズとしては凄い事が起きました!!
な・な・なんと・・・運動会で盛り上がる1つが騎馬戦。さらにその騎馬戦の大将戦は1番の盛り上がりが・・・。
その大将戦の大将4人共にフレンズの6年生なんです(褒めると調子に乗るけど・・マジ凄い!!)
れいじ・かける・ゆうさく・ゆうだい。みんな誰が勝ってもOK。フレンズで運動会を盛り上げて♪
コーチ陣&ママーズはその頑張りで美味しいお酒が呑めれば・・・最高♪
まずは、早朝からの場所取り頑張りましょう♪
朝早くからすいませんでした・・・HGコーチより
2013.05.03   
ポップアスリート大会開会式!!
待ちに待ったGW後半の4連休になりました(笑)平日3日間仕事が手に付かなかったHGコーチです。
GW後半初日の今日はポップアスリートの開会式です♪
天気も良さそうだし、フレンズ初めての電車移動実はかなり楽しみ。。。
みんな横浜スタジアムで開会式を楽しんでください。
そして、明日の土渕との練習試合・5日の親子野球&BBQ・春合宿・・・最後にジャビット前哨戦対中野島あけぼの戦!!絶対に勝ちましょう☆
では、みなさん楽しい野球三昧のGWにしましょう♪
2013.04.19   
第7回ポップアスリートカップ開催
4/14(日)に第7回ポップアスリートカップの説明会および抽選会に行ってきました。

5/3(金祝)に横浜スタジアムで開会式があり、まずは神奈川県内の予選会(〜10/14)が行われます。

多摩川フレンズの初戦は、2回戦目となり、「ミラクル鎌倉」と「新城ドルフィンズ」の勝者との戦いとなります。

まずは初戦突破いきましょう!
2013.03.12   
会長杯二回戦(vs南小ドリームズ)
会長杯二回戦は、3/16(土) 南生田球場で
第3試合(12:40〜)です。

相手は南小ドリームズです。

なお、勝った場合は、以下のスケジュールとなります。

・3/17(日)準々決勝 三田球場 第2試合(10:50〜)

・3/20(水祝) 準決勝 三田球場 第1試合(9:00〜)

<勝ちの場合>
決勝 南生田球場 (11:30〜)
<負けの場合>
ライオンズカップ決定戦 三田球場
(11:30〜)

以上
2013.03.05   
会長杯前哨戦結果(vs平葉ツインズ)
2013年会長杯前哨戦(リーグ戦1回戦を兼ねる)が
3/3(日)に行われ、幸先良く、勝利しました。

 vs 平葉ツインズ (稲田球場)

トーナメント表が決定し、次回は3/16(土)12:40〜
南生田球場で月見台フェニックスと南小ドリームズの
勝者と対戦します。

以上

[ 前のページへ | 次のページへ ]